ホームページ更新に伴うご挨拶

当クリニックは平成12年11月にオープンし、皮膚疾患全般を対象として診療を行ってきました。この16年間、出来る限り充分な説明やインフォームドコンセント(選択肢の提供と同意の上での治療法の選択)を心がけてきました。
今回ホームページを2年ぶりに大幅更新しました。更新の目的は最近導入した最新の光線治療機の紹介と解説です。今までのナローバンドUVB照射装置で治りにくかった病変に効果を発揮します。
またアトピー性皮膚炎についても加筆しました。従来から行われてきた軟膏塗布療法ですが、治りにくい症例に対して最近推奨されているProactive療法について解説しています。
駐車場も増設変更しましたので案内しています。
2年前に導入した「そがわ式爪矯正法」は非常に良好な治療成績を得ており、今後も引き続き陥入爪治療の主体となるでしょう。爪側部に炎症を起こしている陥入爪でも、まだ軽い場合には即座に痛みが軽減し、すみやかに治癒して行きます。詳細は「巻き爪、陥入爪」のページに記載しています。陥入爪に悩まれている方で、診察治療を希望される場合は是非ご一読下さい。

 院長写真

塚崎 直子(Naoko Tsukazaki)

島根医科大学卒業
長崎大学皮膚科
長崎市民病院
長崎掖済会病院
カナダ トロント大学 visiting doctor
長崎大学病院 に勤務する。

関連病院(紹介先病院)

長崎大学病院
長崎原爆病院
長崎ミナトメディカルセンター
ニュー琴海病院 等